2008年03月08日

JR高島屋が売上高1000億円へ

ジェイアール東海タカシマヤが、08年2月期売上高1002億円、前年比4.7%増の伸びを待たして示し、初めて1千億円を超えた。

06年度の単独店舗の売上高が1千億円超の百貨店は、全国でも16店。

JR高島屋は、名実とも名門百貨店に成長した。

東海地方では、栄地区にある松坂屋本店が1331億円で、次いでJR高島屋。

高島屋は地域一番店の松坂屋に挑むチャレンジャーの地位を堂々と確保した。

松坂屋も黙ってはいられない。

名古屋の2強が、これからも熾烈に競い合うことだろう。

日曜日の夕方近く、名鉄電車の車内でも、帰宅する主婦らが下げているのは、名鉄百貨店よりも、むしろ高島屋の買い物袋のほうがよく目にする。

高島屋は大型タブロイド版のセンスのイイ立派なチラシを大量にばら撒き、名古屋市近郊に眠る需要を掘り起こした。

日曜日にもなると、高島屋の人ごみはすさまじい。

すべてが買い物客ではないだろうが、それでもあれだけの人が集まってくるというのは、百貨店の魅力が大きいということ。

売り上げを上げるには、集客×客単価×リピーター=売上

栄地区は、松坂屋1331億円+三越880億円+丸栄367億円=2578億円

一方、名駅地区は、高島屋1002億円+名鉄739億円=1741億円

名古屋駅を基点として三重県、愛知県尾張、岐阜県の中核都市をも包含する西部商圏は約360万人。

後背人口からしても、名駅地区はまだまだスリーピング客を掘り起こせる。

加えて名駅南の笹島地区には、12年に愛知大学のキャンパスが移転し、高島屋はなお売上高を伸ばすことが期待される。

名駅地区は、なお爆発する。
posted by rakuyen at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 高島屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

劇場通り面する岐阜高島屋

593.jpg
劇場通りには、岐阜高島屋が面しており、自転車で買い物客が集まる。

高島屋は写真左にある。

柳ヶ瀬地区も二極化、賑わう高島屋と劇場通り、そうでない地区。

写真は、4月30日に撮影。

岐阜高島屋1
岐阜高島屋2
岐阜高島屋3
もう一つの岐阜高島屋は、お洒落な街並み玉宮通りにあります。
posted by rakuyen at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 高島屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

岐阜高島屋

e40b034a-s.jpg岐阜駅から北へ歩いて、10分ぐらいのところにあった。

岐阜高島屋の北側玄関口には、水のせせらぎが聞こえ、アートの世界に浸ることが出来、気が落ち着きます。

写真は岐阜高島屋の前、4月30日に撮影。
posted by rakuyen at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 高島屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

お洒落な街並み玉宮通り

3b1-s.jpg「岐阜駅周辺地区」と「柳ヶ瀬地区」の間に位置する玉宮通りは、お洒落な街並みに変貌を遂げた。

もともと玉宮通りは、典型的な路地裏通りだった。

ところが、岐阜市が中心市街地を再活性化するために、「光と緑あふれるショッピングモール」を目指したことで、この辺りは風景ががらりと変わった。

細い路地裏は、まるで空間芸術の世界に入り込んだような錯覚にとらわれる。

歩いているだけで、楽しくなる。面白くなる。

写真は4月30日に撮影、前の公園から高島屋を望む。

posted by rakuyen at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 高島屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

今度は「グレース・ケリー展」

マーケティング戦略の上で、上手いなあと感心するのは、JR東海高島屋のイベント。

かつてオーストリアの貴族婦人「カレルギー光子展」を開催して、フランスのゲラン社の香水、ミツコの特製セットは、はやばやと完売。

その後もまたまたセレブ層をターゲットに集客を図って、イギリスの「ダイアナ妃展」など貴族、プリンセスのイベントを行った。

三千円もする高級料理など誰が食べるのか、という客層を掘り起こして、高級ブランド品などへの売り上げにつなげる。

名古屋JR高島屋で、この2月16日から26日まで「グレース・ケリー展」が開催される。

またまたこの層を狙う戦略。

お得意様に招待券をばら撒き、タダで見られるというお得感から、足を運ぶ。

集まる人は多い。

得をした気分にさせておいて、釣られた鯛(タイ)になってしまっているのではないのか。

でも、たまにはセレブな気分で買い物をするのも、ショッピングの楽しみ。

私事で恐縮ですが、ブロガーはいつもお世話になっている兄嫁の光子さんに、特製の香水「ミツコ」をプレゼントするため、ミツコ展に足を運びましたが、売り切れでした。

もっとたくさん用意して置いてください。高島屋さん!!
posted by rakuyen at 18:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 高島屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

何のために朝早くから並んでいたのか

1月2日早朝8:00前に並んでいた買い物客が見た今年の名古屋高島屋での出来事はすさまじい。(ミクシィ「名古屋の百貨店情報」より)

開店と同時に、走ってはいけないのに小走になって知らずに猛ダッシュ!

毎年それでも何とか一人2〜3個のそれぞれ欲しい店の物をゲットしていたのに、それが・・今年は、中学生と高校生の男子がものすごい勢いで走って来て、その数20〜40人という。

4℃・ポールスミス・コムサデモード等の有名ブランドのワゴンの福袋を一気に抱きかかえる、もしくは壁を作り他のお客さんを寄せ付けない状態にしたというのだった。

たとえば、4℃の袋は数人がワゴンから引きずり降ろし、後にいる人間にパス。サイズ何かは関係なしに30〜40袋を独占。

またポールスミスは数が少ないので2〜3人が抱き込んで瞬く間に終了。

コムサデモードにいたっては壁で、買えた人は殆どなしという状態だったという。

一人一袋なのでレジに並んで会計をする者達と、未会計の商品を地面に山積にして見張る者と分かれているから、どこかの業者なのだろう。

さすがのえげつなさに周りから、オープンと同時にクレームの嵐だったとか。

朝一で並んでいた人たちはもちろん殆どの人が有名ブランドの福袋を手にすることができず、では何のために朝早くから並んでいたのか。

高島屋のスタッフもひたすら謝るしかなかったというが、これは整理券を配れば、何の問題も起こらないはず。

実際、松坂屋では、福袋の整理券をもらうために、午前7時30分で地下鉄の通路は人・人・人の列が並んだ。

開店前には、その数1万5千人というが、それでもそんな大パニックは起きなかった。

高島屋には、必要な対策を講じる必要があろう。

その日には、どこかのオークションで高島屋での商品が取引されていたという。

これでは誰のための福袋なのか。
posted by rakuyen at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 高島屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

中元7月91億円で4.3%増

JR名古屋高島屋の快進撃がなお続く。

7月売上高が91億円で、前年同月比4.3%増の伸びとなった。

昨年、名古屋のデパートは愛知万博開催で好影響を受けた。

ところが今年の売上は前年より微減が続いている中、名古屋高島屋の4.3%増の伸びは大きい。

中元やボーナス商戦が重なって、自然や健康志向といったこだわり商品を充実させたことが、消費者のニーズをつかんだといってよい。

健康志向
自然
posted by rakuyen at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 高島屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。