2010年06月02日

丸栄よ奮起せよ

昨年末、思わぬ株式配当金が手に入り、ブロガーはイタリア製スニーカー、ドルガバを購入しようと、丸栄の靴売り場へ足を運びました。

ところが、丸栄では高級スニーカーは扱っておらず、店員から丸栄スカイルにあるABCマートを勧められたのです。

だが、そこにも置いておらず、結局6000円ほどのスニーカーを買ってしまいました。

4万円、5万円する高級スニーカーを買うのは、成金趣味ではなく、日本の経済、世界経済のために、ささやかでも貢献したいから。

行きこんで高級志向の百貨店まで行ったのに、また何で丸栄の店員が節約志向のABCマートを勧めたのだろう?

☆  ☆

丸栄の2011年2月期の連結決算は、またまた減収を予想。

売上高は、370億円に落ち込む。

10年前には、年間700億円以上売り上げていたのに、毎年の売り上げ減は、とうとうその半分にまでガタ落ちとなってしまった。

マスコミ報道によると、丸栄は「魅力ある売り場」を模索するとするが、模索するのは「魅力ある売り場」より「魅力ある品揃え」では。

江崎美治社長は「百貨店の看板を下ろすつもりはない」と記者会見。

エレベーターガールもいない百貨店で、買い物商品を預け、休日を楽しむ、かつての百貨店らしさを取り戻せるのか。

丸栄には、消費者を落胆させない魅力ある百貨店作りに奮起してもらいたい。

ところで、国民がしっかり貯めこんだ資産は、およそ1500兆円。

その10%でも、消費に回れば、景気は上向くのに、百貨店にその魅力があれば、消費者は必ずや戻ってくる。
posted by rakuyen at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 丸栄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

インターネットショップにも適している

名古屋市中区栄にある丸栄のデパ地下の一角に、オーガニックや有機発芽玄米など健康食品を扱ったコーナーがある。

ここで売られている商品群は、松坂屋にも、高島屋にも、三越、名鉄百貨店にもない、ロハス系の人たちによく知られた優れもの。

実に様々な商品がところ狭しと並べられている。

これら商品は、実はインターネットショップにも適している。

★たんぽぽコーヒー
http://tanpopocoffee.seesaa.net/

大型店などで販売されているものは、大量生産し、販売されているものだが、ネットではさほど売れていないものでも、膨大な商品点数により、死に筋商品で売上を積み重ねることが出来る。

いわゆるロングテール効果。
http://blog.livedoor.jp/ngoya_keizai/archives/64839537.html

ただし、サイズ、色、流行の激しいファッション衣料品の扱いは、慎重を期す。

また、市場規模は小さくて、実店舗では経営が成り立たないものが、ネットにより商圏が日本全国に広がり、死に筋商品が生きることになる。

いわゆる、お困りグッズやオタク商品、人に相談しにくいアトピー商品も、検索技術が進んだことにより、熱い支持を受ける商品として、取り扱うことが出来るようになった。

インターネットショップは、商品販売に当たって、無人で24時間365日営業でき、無店舗。

運営コストは、ほとんどかからない。

丸栄では、ネットでこれら商品を扱っていない。

だが、丸栄で販売されている、まるもノンカフェイン タンポポコーヒー、九鬼二度焙煎すりごまなどは、ネットで販売されている実績がある。

特に、九鬼二度焙煎すりごまは、1ヶ月で36袋(たぶん)売り上げた実績もある。
http://yaplog.jp/rakuyen/archive/15

倒産したミヤコ食品の商品は、倒産した後でも、ネットで注文が入ってくる根強い支持があった。
http://yaplog.jp/rakuyen/archive/8

これら商品は、地方では手に入れにくいもので、丸栄では、ぜひともネットで扱ってもらいたい。

また、2年後には、長久手町にある愛知万博跡地にロハス施設が開設される計画がある。

そこへ出店して、並べきれない商品は、店頭にパソコンを置いて、パソコン画面からカタログ通販したら面白い。

なお、インターネットショッピングの注意点。

インターネットショッピングへの注文は、人の数だけ理由があり、画一的なものはない。

そのために、膨大な商品点数を扱い、ロングテール効果を狙い、集客を図るべきであるが、サーチエンジンを最適化するSEO対策は当たり前。

もしやに備えて、ミラーサイトやブログで誘導リンクすることも、忘れてはならない。

そして、もう一つ気をつけなければならないのは、ブロードバンドが普及しているからといっても、日本はすべて都会ではなく、まだまだ田舎や外国によっては、情報インフラが進んでいない、ということ。

お洒落なサイトに凝っても、重い動画などにこだわらず、サイトの容量は軽くしておいたほうがいい。
http://blog.livedoor.jp/keizai1/archives/51555105.html
posted by rakuyen at 09:47| Comment(23) | TrackBack(3) | 丸栄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

和幸の「ひれかつ丼」

丸栄のデパ地下にとんかつ専門の「和幸」がある。

良質の豚肉に自家製パン粉をつけ、しかも純正植物油で揚げている。

豚肉が柔らかくて、肉を「まろやか」と表現できるほど、肉質は高い。

もともと和幸のとんかつは高級食材のイメージがあったが、「和幸のひれかつ丼」は、お値打ち感があって、お手頃。

椅子を用意して、小さなカウンターがあれば、もっと多くの人たちが舌雀を打つことだろう。

この「ひれかつ丼」はおすすめですね。
posted by rakuyen at 10:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 丸栄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

住宅福袋2007万円用意

名古屋の百貨店は、2007年の初売りを1月2日としている。

2007年にちなんで、丸栄が2007万円の住宅福袋を用意するという。

もちろん住宅が福袋に入るわけがない。

住宅の写真かパンフレットでも入っているのだろうが、金額も大きいだけに住宅の購入にあたっては、いくら丸栄といっても、信頼される住宅メーカーのものだろうと思う。

百貨店の包装紙は、信頼、信用のブランド。

だが、問題は外見より中身。

信頼、信用のブランドは、外見も中身も大事となる。

丸栄では、このほか1万円の「婦人服福袋」と5千円の「食品福袋」、1万5千円の「モード&ヘルシー」の福袋なども用意、全館で3万個も用意しているという。

2007万円の住宅福袋は話題つくりで、狙いは全館3万個の福袋かも。

毎年恒例の福袋は、結構お値打ちで、お得気分になるもの。

団塊の世代が大量定年を迎えるが、どうも丸栄にはここをターゲットにしたものが見当たらない。

まあ、丸栄は婦人、女性が得意だから、従来通りの商品戦略のようにも見える。

とにかく福袋は、朝10時オープンだから、2日は少し早めに名古屋栄に足を運ぼう。
posted by rakuyen at 12:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 丸栄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。