2007年01月08日

天野祐吉さんの「福袋の狂宴」に思う

コラムニストの天野祐吉さんは、朝日新聞の「CM天気図」で、いつもいつも軽妙洒脱な味のあることを書いている。

今回も上手いなあ、と感心してしまうのは、1月8日付け「福袋の狂宴」。

新年の百貨店の初売りは、福袋目当てに人・人・人・・人が群がる。

名古屋三越栄店では1万2千人が行列。

松坂屋本店に至っては、1万5千人もの人が並んだ。

何故、こうも群がるのか。天野さんがそのワケを解説する。

「もう特に買いたいものがない」という満腹感と、「それでも何か欲しいものを見つけたい」という空腹感が、表裏一体となって、この異常なまでのブームを生んでいるような気がする。

つまり、「これといって欲しいものはないのに、何か買わないと気が晴れない」という飽和社会の欲求不満という空気が、あの福袋には詰め込まれているんだろう。

そう言われてみると、そうなのかあと思ってしまうものの、ここでヒネリを入れてみると、こうにも思える。

「これといって欲しいものはない」のではなく、欲しいものは我慢して我慢して我慢して、年明けの福袋まで待つ。

そこで我慢が重なったマグマがたまって、異常ブームと爆発したのではないのか。

何故、そこまで待つのか、といえば、安く買えるから。

安く買えることが分かっていて、高いものを買う必要もない。

その我慢のマグマが福袋の狂宴となるのではないのか。

丸栄・デパ地下2階の食料品売り場、魚力の高級すしはお薦めです。
posted by rakuyen at 23:12| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31233401

この記事へのトラックバック

三越 日本橋 福岡 銀座 三越
Excerpt: こんにちは。三越 日本橋 福岡 銀座 三越について触れています。サイト版です。
Weblog: 三越 日本橋 福岡 銀座 三越
Tracked: 2007-02-05 11:33

三越 日本橋 福岡 銀座 三越
Excerpt: こんにちは。三越 日本橋 福岡 銀座 三越について触れています。ブログ版です。
Weblog: 三越 日本橋 福岡 銀座 三越
Tracked: 2007-02-05 11:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。