2006年12月16日

パテック フィリップ

47c80f5d.jpgパテックフィリップは、18世紀の末、大部分がロシアの圧政下にあったポーランドが発祥の地です。

1830年にポーランド軍が反乱を起こし、ワルシャワにあったポーランド副王の宮殿を将校の一団が占拠しましたが、最後には制圧されました。

その際、弾圧を受けた多くのポーランド人は、西ヨーロッパに亡命することを余儀なくされました。

1812年7月12日ポーランドに生まれた美術愛好家アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックも、その一人でした。

亡命後、1835年頃からジュネーブに居を定め、高級懐中時計の製作にたずさわるようになります。

こうして、多くの顧客を獲得することとなりますが、パテックフィリップは、1839年に《Patek, Czapek & Cie》として誕生することになりました。

その後4回社名を改め、1932年からは《Patek Philippe SA》となって現在に至ります。

160年の星霜を数える歴史と伝統を通して、創造と技術に英知のすべてを捧げた、パテック フィリップは、至高の「芸術作品」として世界に認められてきました。

写真は、パテックフィリップ5085/1A SS

PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)は、こちら
posted by rakuyen at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。