2006年04月08日

松坂屋の悔やまれる断念

2004年09月12日に「松坂屋の悔やまれる断念」を「ブログ経営批評(おいコラ社長)」で書きました。再録します。

三越がデパート宣言して今年100年に当たるという。

座売りから陳列販売、経理を大福帳から近代簿記に、日本初の百貨店として生まれ変わった。

しかし百貨店業界を取り巻く環境は厳しい。

業界全体の売上高が、昨年まで7年連続で減り続けている。

名古屋には、三越のほか、松坂屋、丸栄、名鉄百貨店の通称4Mのほか、新興の高島屋の百貨店5つがある。

尾張で根をおろした大きな旧家のお年よりは、「おみゃあさん(お前さん)、松坂屋で持ってたりゃあ。喜ぶでえ」と、贈り物には松坂屋を推奨。

催促でもある?

なにせ尾張のお大名には、中元、歳暮をジャスコ、イトーヨーカドーの包装紙で贈られると、馬鹿にされた気分になるご様子。

松坂屋は尾張徳川ご用達の伊藤呉服店から続く、由緒正しい百貨店。

「松坂屋の石鹸は、やっぱり違う」と言う、ご婦人がいるほど信者は多い。

石鹸作っているのは、松坂屋ではなく、花王でしょう?

こんなわけの分からない神話があるのだから、松坂屋に寄せる名古屋人の信頼は厚い。

東京では三越だが、名古屋では三越は格下、松坂屋が最高級ブランド。

ところが最近、新興のJR東海高島屋が開業してから、毎年売上を伸ばし、低迷する丸栄、名鉄を尻目に、ついには三越を追い抜いてしまった。

JR名古屋駅の地の利を生かし、三重県、岐阜県、愛知県三河地方のJR利用客をすくい上げた。

松坂屋の顧客層と違う、新たな顧客を開拓。
こだわりのない人、若い人にも浸透して、松坂屋は慌て出した。

もともとJR東海は高島屋でなく松坂屋として開業する計画だったが、バブル崩壊による先行き不透明で、松坂屋が断念し、高島屋となった経緯がある。

今となれば、松坂屋にとっては悔やまれる断念となった。

なお、メルマブログ「ブログ経営批評(おいコラ社長)」は、閉鎖され、ライブドアブログ「おいコラ社長・ブアメラ経済批評」に移行しています。
posted by rakuyen at 19:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23455558

この記事へのトラックバック

ライブドアブログアフィリエイト大作戦
Excerpt: 【アフィリエイト大作戦】初心者が月8万円稼ぐ方法 ★はじめまして!山田錦市と申します。  私が即戦力として採用したとっておきの最強情報を紹介します。 このブログを読んでくださっている「あ..
Weblog: ライブドアブログ【アフィリエイト大作戦】初心者が月8万円稼ぐ方法
Tracked: 2006-09-13 06:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。