2010年06月02日

丸栄よ奮起せよ

昨年末、思わぬ株式配当金が手に入り、ブロガーはイタリア製スニーカー、ドルガバを購入しようと、丸栄の靴売り場へ足を運びました。

ところが、丸栄では高級スニーカーは扱っておらず、店員から丸栄スカイルにあるABCマートを勧められたのです。

だが、そこにも置いておらず、結局6000円ほどのスニーカーを買ってしまいました。

4万円、5万円する高級スニーカーを買うのは、成金趣味ではなく、日本の経済、世界経済のために、ささやかでも貢献したいから。

行きこんで高級志向の百貨店まで行ったのに、また何で丸栄の店員が節約志向のABCマートを勧めたのだろう?

☆  ☆

丸栄の2011年2月期の連結決算は、またまた減収を予想。

売上高は、370億円に落ち込む。

10年前には、年間700億円以上売り上げていたのに、毎年の売り上げ減は、とうとうその半分にまでガタ落ちとなってしまった。

マスコミ報道によると、丸栄は「魅力ある売り場」を模索するとするが、模索するのは「魅力ある売り場」より「魅力ある品揃え」では。

江崎美治社長は「百貨店の看板を下ろすつもりはない」と記者会見。

エレベーターガールもいない百貨店で、買い物商品を預け、休日を楽しむ、かつての百貨店らしさを取り戻せるのか。

丸栄には、消費者を落胆させない魅力ある百貨店作りに奮起してもらいたい。

ところで、国民がしっかり貯めこんだ資産は、およそ1500兆円。

その10%でも、消費に回れば、景気は上向くのに、百貨店にその魅力があれば、消費者は必ずや戻ってくる。
posted by rakuyen at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 丸栄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149653344

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。