2010年06月12日

グローバルブランド戦略採るコーヒーのネスレ

名古屋経済新聞に公開しているブログをこちらにも公開する予定でいましたが、すっかりそのことを忘れてしまっていました。

ココで、再掲します。

☆  ☆

ネスレといえばコーヒー。

このネスレが瓶詰めにしたチョコレートを自販機で販売することとなった。

ネスレコンフェクショナリー(神戸市)が10月16日から、同社のチョコレート、キットカットを瓶詰めにして、全国で本格的に販売する。

スイスに本部を置くネスレは、イメージを高めるため、ユニークなグローバルブランド戦略を採っている。

日本ではコーヒー、アメリカではチョコレート、ドイツでは調味料で、イメージを確立した。

アメリカ人にとって、ネスレはチョコレートのキットカット。

日本人にもキットカットはなじみがあるものの、ブランドから抱くコーヒーのネスレとは結びつかない。

ブランド戦略は製品差別化戦略。

すなわち、製品に差をつけて、選択的な需要を形成しようと企図している。

ネスレはこれが見事に成功して、日本人にとって、コーヒーはネスレ。

ブランドロイヤルティ(忠誠心)を日本人に骨の髄まで浸透させた。

今回の瓶詰チョコでは、普及率世界一といわれる国内にある飲料自販機、約270万台に目をつけ、売上アップを目論む。

ネスレの企業戦略、事業戦略など経営戦略は、実によく練られている。

名古屋の街角に自動販売機にまもなくキットカットが並ぶ。

☆  ☆

名古屋経済新聞より。
http://blog.livedoor.jp/ngoya_keizai/archives/64843265.html
posted by rakuyen at 10:31| Comment(17) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

丸栄よ奮起せよ

昨年末、思わぬ株式配当金が手に入り、ブロガーはイタリア製スニーカー、ドルガバを購入しようと、丸栄の靴売り場へ足を運びました。

ところが、丸栄では高級スニーカーは扱っておらず、店員から丸栄スカイルにあるABCマートを勧められたのです。

だが、そこにも置いておらず、結局6000円ほどのスニーカーを買ってしまいました。

4万円、5万円する高級スニーカーを買うのは、成金趣味ではなく、日本の経済、世界経済のために、ささやかでも貢献したいから。

行きこんで高級志向の百貨店まで行ったのに、また何で丸栄の店員が節約志向のABCマートを勧めたのだろう?

☆  ☆

丸栄の2011年2月期の連結決算は、またまた減収を予想。

売上高は、370億円に落ち込む。

10年前には、年間700億円以上売り上げていたのに、毎年の売り上げ減は、とうとうその半分にまでガタ落ちとなってしまった。

マスコミ報道によると、丸栄は「魅力ある売り場」を模索するとするが、模索するのは「魅力ある売り場」より「魅力ある品揃え」では。

江崎美治社長は「百貨店の看板を下ろすつもりはない」と記者会見。

エレベーターガールもいない百貨店で、買い物商品を預け、休日を楽しむ、かつての百貨店らしさを取り戻せるのか。

丸栄には、消費者を落胆させない魅力ある百貨店作りに奮起してもらいたい。

ところで、国民がしっかり貯めこんだ資産は、およそ1500兆円。

その10%でも、消費に回れば、景気は上向くのに、百貨店にその魅力があれば、消費者は必ずや戻ってくる。
posted by rakuyen at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 丸栄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。