2008年03月18日

インターネットショップにも適している

名古屋市中区栄にある丸栄のデパ地下の一角に、オーガニックや有機発芽玄米など健康食品を扱ったコーナーがある。

ここで売られている商品群は、松坂屋にも、高島屋にも、三越、名鉄百貨店にもない、ロハス系の人たちによく知られた優れもの。

実に様々な商品がところ狭しと並べられている。

これら商品は、実はインターネットショップにも適している。

★たんぽぽコーヒー
http://tanpopocoffee.seesaa.net/

大型店などで販売されているものは、大量生産し、販売されているものだが、ネットではさほど売れていないものでも、膨大な商品点数により、死に筋商品で売上を積み重ねることが出来る。

いわゆるロングテール効果。
http://blog.livedoor.jp/ngoya_keizai/archives/64839537.html

ただし、サイズ、色、流行の激しいファッション衣料品の扱いは、慎重を期す。

また、市場規模は小さくて、実店舗では経営が成り立たないものが、ネットにより商圏が日本全国に広がり、死に筋商品が生きることになる。

いわゆる、お困りグッズやオタク商品、人に相談しにくいアトピー商品も、検索技術が進んだことにより、熱い支持を受ける商品として、取り扱うことが出来るようになった。

インターネットショップは、商品販売に当たって、無人で24時間365日営業でき、無店舗。

運営コストは、ほとんどかからない。

丸栄では、ネットでこれら商品を扱っていない。

だが、丸栄で販売されている、まるもノンカフェイン タンポポコーヒー、九鬼二度焙煎すりごまなどは、ネットで販売されている実績がある。

特に、九鬼二度焙煎すりごまは、1ヶ月で36袋(たぶん)売り上げた実績もある。
http://yaplog.jp/rakuyen/archive/15

倒産したミヤコ食品の商品は、倒産した後でも、ネットで注文が入ってくる根強い支持があった。
http://yaplog.jp/rakuyen/archive/8

これら商品は、地方では手に入れにくいもので、丸栄では、ぜひともネットで扱ってもらいたい。

また、2年後には、長久手町にある愛知万博跡地にロハス施設が開設される計画がある。

そこへ出店して、並べきれない商品は、店頭にパソコンを置いて、パソコン画面からカタログ通販したら面白い。

なお、インターネットショッピングの注意点。

インターネットショッピングへの注文は、人の数だけ理由があり、画一的なものはない。

そのために、膨大な商品点数を扱い、ロングテール効果を狙い、集客を図るべきであるが、サーチエンジンを最適化するSEO対策は当たり前。

もしやに備えて、ミラーサイトやブログで誘導リンクすることも、忘れてはならない。

そして、もう一つ気をつけなければならないのは、ブロードバンドが普及しているからといっても、日本はすべて都会ではなく、まだまだ田舎や外国によっては、情報インフラが進んでいない、ということ。

お洒落なサイトに凝っても、重い動画などにこだわらず、サイトの容量は軽くしておいたほうがいい。
http://blog.livedoor.jp/keizai1/archives/51555105.html
posted by rakuyen at 09:47| Comment(23) | TrackBack(3) | 丸栄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。