2007年09月04日

大丸と経営統合した松坂屋

9月3日、松坂屋と大丸が経営統合し、持ち株会社、J.フロントリテイリングの名のもと、スタートした。

本社は東京。持ち株会社の取締役数は、大丸5人に松坂屋ホールディングス4人、社長兼最高経営責任者は大丸会長の奥田務氏が就き、経営主導は大丸が握った。

松坂屋の名古屋大丸化が進むかも。

今回の統合では、共通経営資源の多重活用により、シナジー効果(相乗効果)が期待される。

また松坂屋にはない大丸の経営効率は、統合によって松坂屋の弱みを補強できる。

しかし企業文化の異なる企業統合が難しいことは、これまでの大型合併で見てきたとおり。

そして何よりも、名古屋の消費者に今回の統合が受け入れられるのか。

世界のトヨタ自動車でも、年間営業利益2兆円のトヨタでも、年間売上高25兆円のトヨタでも、松坂屋にはかなわぬものがある。

歴史。400年近くを誇る松坂屋には、100年も満たないトヨタでは、足元にも及ばない。

松坂屋の暖簾は、文化価値を背負ったブランド。

カトレアの包装紙に、名古屋の消費者は様々な思いを託している。

9月4日の統合記念セールでは、名古屋市栄にある松坂屋本店には、早朝から開店前に3000人も、お客様が並んで、鈴波のパックは開店5分で完売、そのほか共同企画でも、販売早々に売り切れが続出した。

松坂屋の底力を見せ付けた。
posted by rakuyen at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 松坂屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。