2006年04月30日

まるもノンカフェイン タンポポコーヒー

tanpocf150.jpg

タンポポの根を主原料に、黒大豆、赤小豆、野草をプラス。

バランスのよい、カフェインレスのたんぽぽコーヒーです。

タンポポには、ビタミンやミネラル類が豊富に含まれています。

砂糖、着色料、防腐剤は使用していません。

毎日のリラックスタイムに、美味しくヘルシーなたんぽぽコーヒーをお楽しみ下さい。

たんぽぽ根は体を温める作用がある為、冷え性の方が多い女性に人気です。 

まるもノンカフェイン タンポポコーヒーのお求めはこちら。
posted by rakuyen at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

松坂屋の悔やまれる断念

2004年09月12日に「松坂屋の悔やまれる断念」を「ブログ経営批評(おいコラ社長)」で書きました。再録します。

三越がデパート宣言して今年100年に当たるという。

座売りから陳列販売、経理を大福帳から近代簿記に、日本初の百貨店として生まれ変わった。

しかし百貨店業界を取り巻く環境は厳しい。

業界全体の売上高が、昨年まで7年連続で減り続けている。

名古屋には、三越のほか、松坂屋、丸栄、名鉄百貨店の通称4Mのほか、新興の高島屋の百貨店5つがある。

尾張で根をおろした大きな旧家のお年よりは、「おみゃあさん(お前さん)、松坂屋で持ってたりゃあ。喜ぶでえ」と、贈り物には松坂屋を推奨。

催促でもある?

なにせ尾張のお大名には、中元、歳暮をジャスコ、イトーヨーカドーの包装紙で贈られると、馬鹿にされた気分になるご様子。

松坂屋は尾張徳川ご用達の伊藤呉服店から続く、由緒正しい百貨店。

「松坂屋の石鹸は、やっぱり違う」と言う、ご婦人がいるほど信者は多い。

石鹸作っているのは、松坂屋ではなく、花王でしょう?

こんなわけの分からない神話があるのだから、松坂屋に寄せる名古屋人の信頼は厚い。

東京では三越だが、名古屋では三越は格下、松坂屋が最高級ブランド。

ところが最近、新興のJR東海高島屋が開業してから、毎年売上を伸ばし、低迷する丸栄、名鉄を尻目に、ついには三越を追い抜いてしまった。

JR名古屋駅の地の利を生かし、三重県、岐阜県、愛知県三河地方のJR利用客をすくい上げた。

松坂屋の顧客層と違う、新たな顧客を開拓。
こだわりのない人、若い人にも浸透して、松坂屋は慌て出した。

もともとJR東海は高島屋でなく松坂屋として開業する計画だったが、バブル崩壊による先行き不透明で、松坂屋が断念し、高島屋となった経緯がある。

今となれば、松坂屋にとっては悔やまれる断念となった。

なお、メルマブログ「ブログ経営批評(おいコラ社長)」は、閉鎖され、ライブドアブログ「おいコラ社長・ブアメラ経済批評」に移行しています。
posted by rakuyen at 19:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

バックスナチュロンハンドクリーム

hando10.jpg
太陽油脂のバックスナチュロンハンドクリームは、手肌にうるおいを保つアロエエキス、オリーブスクワランなどの天然成分を配合しました。

べとつかず、さらっとすぐなじみます。

全身のスキンケアとしてもご利用いただけるすぐれものです。

成分:水、グリセリン、カリ石けん素地、ホホバ油、スクワラン、ハイブリッドヒマワリ油 キダチアロエエキス2、トコフェノール(天然ビタミンE)、ヒノキチオール、エタノール

お求めはこちら。
posted by rakuyen at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容・化粧品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

太陽油脂バックスナチュロンハミガキ歯磨き

hamigaki3.jpg
3つの大きな特徴は、天然な緑茶エキスを配合して口臭を防ぐことです。

天然な甘草エキス、ビタミンEを配合して歯肉炎、歯槽膿漏を防ぐ。

合成界面活性剤、合成添加物、防腐剤は一切使用していません。

成分:重質炭酸カルシウム、植物性石鹸、濃グリセリン、スペアミント油、ユーカリ油、緑茶エキス、甘草エキス、天然ビタミンE

お求めはこちら。
posted by rakuyen at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容・化粧品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。